原英莉花、メジャー初Vへ最終日は「冷静さを失わないように」

[ 2020年10月4日 05:30 ]

女子ゴルフツアー 日本女子オープン第3日 ( 2020年10月3日    福岡 ザ・クラシックGC=6761ヤード、パー72 )

9番、バーディーパットを沈めキャディーとグータッチする原英莉花(代表撮影)
Photo By スポニチ

 首位と3打差の2位から出た「黄金世代」の原英莉花(21=日本通運)が7バーディー、1ボギーの66と伸ばし、通算12アンダーで単独首位に浮上した。73と落とした2位の小祝さくら(22=ニトリ)に4打差をつけ、メジャー初優勝に王手をかけた。

 【原英莉花に聞く】

 ――小祝を3打差で追いかけ、逆に4打差をつけた。
 「自分とか、さくちゃん(小祝)のスコアがどうとかじゃなく、コースと自分の調子を見極めてプレーできたことが、いいスコアにつながった」

 ――9番は12メートルを沈めた。
 「初日に3パットだったので、下りの速いラインにタッチを合わせた。流れよく入ってくれた」

 ――今週は師匠の尾崎将司プロから譲り受けたシャフトを使い、新しいアイアンで臨んでいる。
 「5Iが飛ぶようになったので、セッティングを変えられた。ユーティリティーを1本抜いてスプーン(3W)を入れられたのは良かった」

 ――最終日へ。
 「冷静さを失わないように、一打一打、大切に戦っていきたい」

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「箱根駅伝(東京箱根間往復大学駅伝)」特集記事

2020年10月4日のニュース