女子100mバタフライ 長谷川、大会新記録57秒70で優勝「良いタイム。満足」

[ 2020年10月4日 05:30 ]

競泳日本学生選手権第3日 ( 2020年10月3日    東京辰巳国際水泳場 )

女子100メートルバタフライ決勝で学生新記録で優勝しガッツポーズの日大・長谷川涼香(代表撮影) 
Photo By 代表撮影

 女子100メートルバタフライは、長谷川涼香(20=東京ドーム、日大)が大会新記録の57秒70で優勝した。

 女子100メートルバタフライは、長谷川が大会新記録で優勝した。自己ベストには0秒21届かなかったが、12年ロンドン五輪代表の加藤ゆかが08年に出した大会記録を0秒19更新。2日の女子200メートルバタフライでは優勝したが、自己ベストから2秒以上も遅れた。この日は体重移動、体のうねり方などフォームを修正。好タイムにつなげ「200が良くなかったので、こんなに良いタイムが出るとは思っていなかった。満足」と喜んだ。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2020年10月4日のニュース