張本勲氏 大関昇進の正代に「横綱までいきそう」 上原浩治氏は2横綱に注文「ちゃんと出て」

[ 2020年10月4日 11:32 ]

張本勲氏
Photo By スポニチ

 野球評論家の張本勲氏(80)が4日、コメンテーターを務めるTBS系「サンデーモーニング」(日曜前8・00)にリモート出演。大相撲秋場所で初優勝を飾った正代(28=時津風部屋)についてコメントした。

 日本相撲協会は9月30日に東京・両国国技館で11月場所(11月8日初日、両国国技館)の番付編成会議と臨時理事会を開き、正代の大関昇進を満場一致で正式に決めた。

 張本氏は、「アッパレだ」と言い「地力がついたね。先場所からひと回り大きくなったんじゃない。これは横綱までいきそうだね」と話した。

 一方、元メジャーリーガーの上原浩治氏(45)は「優勝したんで、もちろんアッパレです」と正代を評価しつつ、「あとは横綱がもうちょっと、ちゃんと出てほしいと思う。今回も休場で寂しい感じだったんで」と注文をつけていた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「箱根駅伝(東京箱根間往復大学駅伝)」特集記事

2020年10月4日のニュース