山口、2日連続でストレート負け 決勝逃すも「凄くプラスになった大会」

[ 2019年12月15日 05:30 ]

バドミントン ワールドツアーファイナル第4日 ( 2019年12月14日    中国・広州 )

中国選手に敗れた山口
Photo By 共同

 女子シングルスで世界ランキング4位の山口は同2位の陳雨菲に、1次リーグ最終戦から2日連続でストレート負けを喫した。昨年に続いて決勝進出を逃したが「自分らしいプレーもたくさん出せた。凄くプラスになった大会」と収穫面を強調した。

 今季は夏場以降、ケガなどでつらい時期があったが、締めくくりの国際大会で復調の兆しが見えてきた。精神面での苦悩も経験し「今年はまだまだ弱さがあると感じたけど、今回少し納得するプレーもできて、来年へ少し不安が取り除けた」と安どの表情を浮かべた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2019年12月15日のニュース