ナガマツ、フクヒロ撃破 松本「明日負けたら今日までの頑張りの意味がない」と次のタイトル視野

[ 2019年12月15日 05:30 ]

バドミントン ワールドツアーファイナル第4日 ( 2019年12月14日    中国・広州 )

歓声に応える永原(右)、松本組
Photo By 共同

 女子ダブルスの永原、松本組のここ一番での勝負強さは健在だった。今年の世界選手権、全日本総合選手権の決勝に続いてライバルの福島、広田組を撃破。

 松本は「明日負けたら今日までの頑張りの意味がない。出し切るだけ」と新たなビッグタイトルへ向け気概十分だ。今大会は東京五輪出場を懸けたレースの中でも得られるポイントが大きい。世界選手権以降、国際舞台で好結果を残せていなかっただけに「久しぶりに乗り越えられた」と永原。手応えと自信を得て、中国ペアとの大一番に挑む。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2019年12月15日のニュース