奥原、1次L勝利も…迷ってミス「この結果が今の力」

[ 2019年12月15日 05:30 ]

バドミントン ワールドツアーファイナル第4日 ( 2019年12月14日    中国・広州 )

準決勝で敗れた奥原(手前)
Photo By 共同

 女子シングルスで世界ランキング3位の奥原は、1次リーグ初戦で破った同1位の戴資穎に雪辱を許した。第1ゲームは11―8とリードした後に8連続失点。流れを失ってストレート負けとなり「どこに仕掛けていいのか迷ってミスになった。この結果が今の力」と残念がった。

 プロに転向した今季は安定した成績を残しながら、国際大会でのタイトルを奪えなかった。東京五輪に向け「2020年に入ってからどうはい上がっていくかが勝負。体の切れやパフォーマンスは上がっているので、やっていることは間違っていない」と力を込めた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2019年12月15日のニュース