カーリング・山口剛史 ムキムキショット 恒例カレンダーにアジア男子初起用

[ 2019年12月15日 05:30 ]

カーリング男子の山口剛史(左下)が表紙を飾るカーリングカレンダー
Photo By 提供写真

 カーリングの世界トップ選手たちによるカレンダー「MEN OF CURLING」が話題になっている。カナダのカーリングニュース社などが毎年発行し、女子版と男子版を交互に製作。2020年は平昌五輪に出場した山口剛史(35、SC軽井沢ク)がアジア男子で初めて起用された。表紙と5月に登場し、スパッツ1枚でストーンを投げる姿や上半身裸のはかま姿で日本刀を持つショットが掲載されている。

 各国の選手も含めて肉体美に目がいく一冊。山口は「カーリングは見た目以上に運動量がある競技。男子はパワフルでゲーム展開も迫力があります。格好良い選手もいますので、注目してほしい」と話している。

 価格は一部2000円(税込み)で、SC軽井沢クラブの公式ホームページからインターネット通販(手数料・送料500円~)で購入可能。19日から世界大会が始まる長野県軽井沢アイスパークでも販売される。売り上げの一部は「一般社団法人日本車いすカーリング協会」と「三才山病院就労チームグリーン」に寄付される。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2019年12月15日のニュース