ザギトワ インスタで「活動休止も『引退』するつもりもありません」TVでの発言真意説明

[ 2019年12月15日 20:13 ]

フィギュアスケートのザギトワ
Photo By スポニチ

 13日にロシアの政府系テレビ「第1チャンネル」の番組で競技活動の休止を表明したフィギュアスケート女子で18年平昌五輪金メダルのアリーナ・ザギトワ(17)が15日、自身のインスタグラムを更新。引退説について否定した。

 この日のインスタグラムにはロシア語、英語に続いて日本語でもメッセージを公開。「先日のテレビ出演後“一体どういうことか”“なぜ引退したのか”という多くの質問を頂いています。テレビ出演の際、私は不安で、自分の考えをはっきりと伝えることができませんでした。私にとって、フィギュアスケートは私の人生そのものであり、プロフェッショナルなスポーツ選手になるために、4歳から常に努力を続けてきました。オリンピックの金メダルを含む、私のすべてのタイトルは偶然ではありません。コーチ陣に対し、私たちが一緒に成し遂げたことへ、一生感謝し続けたいと思っています」と心境を告白。

 そして「私は活動休止も『引退』するつもりもありません」と引退を否定。「休止すること、引退することは、一切考えていません。フィギュアスケートにおいて、可能な限りすべてのタイトルを獲得したアスリートとして、私は常に表彰台の一番上に立ちたいですし、そのために、さらにハードなトレーニングをする必要があります。私は、今もなお、ロシア代表の一員であり、ロシア代表として国際大会に出場できます。引き続き、コーチの皆様、パートナーの皆様、ファンの皆様からの素晴らしいサポートとともに、私のフィギュアスケート人生を続けていきます」とつづった。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年12月15日のニュース