五輪マラソン 後半「10キロ2周」案を軸に調整

[ 2019年12月15日 05:30 ]

 札幌開催となった20年東京五輪のマラソンのコースを、国際オリンピック委員会(IOC)、ワールドアスレチックス(世界陸連)、大会組織委員会の担当者が14日、合同で視察した。組織委の森泰夫大会運営局次長は視察終了後に取材に応じ、未定のコース後半について、20日までに決定する方向だと明らかにした。森氏は「3者ともその認識でいる」と述べた。関係者によると、組織委は約10キロのコースを2周する案を軸に決着を図る方針。

 マラソンコースを巡っては、前半は20キロのコースを1周することが決まったが、後半の22・195キロ分については決まっていない。世界陸連はよりコンパクトな約7キロを3周することを希望。組織委は前半と同様に約20キロのコースを1周する案のほか、前半の経路と重なる部分が多い約10キロのコースを2周する設定を検討しており、この日の視察や協議で比較したとみられる。

 森氏は16日以降に札幌市、北海道、組織委による第4回実務者会議を開く方向であることも明らかにした。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2019年12月15日のニュース