15日アメフト甲子園ボウル 早大初Vへ全力

[ 2019年12月15日 05:30 ]

取材に応じる早大の池田主将
Photo By 共同

 アメリカンフットボールの全日本大学選手権決勝、第74回甲子園ボウル15日、甲子園球場で2年連続30度目の頂点を狙う関学大(関西2位)と初優勝を目指す早大(関東)が対戦する。

 14日は早大が試合会場で調整し、主将のLB池田は「今までやってきたことを出し切るだけ。気持ちを前面に出して戦いたい」と、しっかりとした口調で話した。この日は芝生の上で体を動かし、パートごとに調整するなどした。高岡監督は「本当に隙がない」と王者の印象を口にし、関学大の最初の攻撃シリーズに対する防御を鍵に挙げた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2019年12月15日のニュース