ウルフ、決勝延長で敗戦 右膝負傷で自力歩行困難に 今後への影響も懸念

[ 2019年12月15日 05:30 ]

柔道 マスターズ大会最終日 ( 2019年12月14日    中国・青島 )

オランダ選手に敗れ、呆然とするウルフ
Photo By 共同

 延長戦となった男子100キロ級決勝。コレルの担ぎ技を防げず、技ありを奪われてウルフが力尽きた。今年の世界王者、フォンセカ(ポルトガル)ら強豪を撃破し決勝まで進出したが、過去3戦3勝のコレルに力負けし、猛者ぞろいの階級の厳しさが浮き彫りになる。

 決勝で投げられた際に右膝をひねり、自力歩行が困難な状態だという。スタッフを通じて「さまざまな選手と戦えたことは良かった」とコメントしたが、今後への影響も懸念される。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2019年12月15日のニュース