美誠、腰に痛み準決勝で敗退 第3ゲームでアクシデント「痛っ、て思った」体調管理も課題

[ 2019年12月15日 05:30 ]

卓球 ワールドツアー・グランドファイナル第3日 ( 2019年12月14日    中国・鄭州 )

陳夢(手前)にポイントを奪われ、さえない表情の伊藤
Photo By 共同

 女子シングルス準決勝で、世界女王から第1ゲームを先制した伊藤がアクシデントに泣いた。第3ゲーム、5―10の場面で腰に痛みが発生。「痛っ、て思った。4ゲーム目は痛みがあった。それで元気がなかった」。

 3ゲーム目を落とすと、そのまま押し切られた。東京五輪を見据えて、体調管理も課題の一つ。「リオでもあまり寝られなかった。睡眠時間も短い中で勝てるようになるのが大事になる」と気持ちを切り替えていた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年12月15日のニュース