イタリア“レジェンド”36歳パリセが5大会出場 格下相手の勝ち点5獲得に安ど

[ 2019年9月23日 05:30 ]

ラグビーW杯1次リーグB組   イタリア47-22ナミビア ( 2019年9月22日    花園 )

<イタリア・ナミビア>前半、突進するイタリア・パリセ主将(左)(撮影・成瀬 徹)
Photo By スポニチ

 B組イタリアのレジェンドが歴史に名を刻んだ。

 No・8のパリセ主将がブライアン・リマ(サモア)、マウロ・ベルガマスコ(イタリア)に並ぶW杯5大会出場を達成。80分間プレーした36歳は「個人的には特に何も…」と記録には関心を示さなかった。「多くの選手は若くて緊張もしていたが、初戦の目的である勝つことができてよかった」と世界ランク23位の格下相手にもたつきながらも勝ち点5を獲得したことを称えた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年9月23日のニュース