“ミレニアム世代”安田 渋野と同組で5差15位 試合後はサインおねだり

[ 2019年9月23日 05:30 ]

女子ゴルフツアー デサントレディース東海クラシック最終日 ( 2019年9月22日    愛知県 新南愛知CC美浜C=6437ヤード、パー72 )

同組でラウンドしベストアマチュアを獲得した安田祐香(左)と共にカップを手に笑顔をみせる渋野日向子(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 “ミレニアム世代”の安田はプロツアー4度目となる渋野とのラウンド。15番でバンカーからチップインイーグルを決めるなど食い下がるも、優勝した渋野とは5打差の15位に終わった。「渋野さんは基本、狙ってパットを打ってました。そういうゴルフをしないと優勝はできません」。

 試合終了後、渋野におねだりして直筆サイン入り缶バッジを入手。次は2週後の日本女子オープンで再び渋野と同じ舞台に立つ。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年9月23日のニュース