戸田中央総合病院・坂本連発 HR&打点でキャリアハイ

[ 2019年9月23日 05:30 ]

スポニチ後援 日本女子ソフトボールリーグ ( 2019年9月22日 )

<戸田中央総合病院・SGホールディングス>今季好調の戸田中央総合病院・坂本(日本ソフトボール協会提供)
Photo By 提供写真

 3会場で第7節の6試合を行った。戸田中央総合病院は4番・坂本結愛捕手(23)が2打席連続本塁打で4得点中3点を叩き出し、SGホールディングスに快勝。デンソーは1―0でシオノギ製薬を下し、単独首位を守った。

 4番の仕事を果たした。初回2死1塁、坂本が中越えに先制2ランを放つと、3回の第2打席でも中越え本塁打の計3打点。「2打席連続は初めてです。風にも助けられました」。台風接近で球場は左翼から右翼へ強い風が吹いていたが、2本ともライナー性の当たりがフェンスを越えていった。後半戦に入り4本目で5発はシーズン自己最多タイ。打点は15年の10を更新する12打点のキャリアハイとなった。「去年まで追い込まれてから詰まらされることが多かったのを修正した」結果が今季好調の要因だ。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年9月23日のニュース