シオノギ製薬 2戦連続1点差負け 好機で1打出ず…悔やまれる献上1点

[ 2019年9月23日 05:30 ]

スポニチ後援 日本女子ソフトボールリーグ ( 2019年9月22日 )

<シオノギ製薬・デンソー>地元開催で連日惜敗のシオノギ製薬・岡村昌子監督。(日本ソフトボール協会提供)
Photo By 提供写真

 ホームが遠かった。地元開催でスタンドには応援団が多数集まっていたが、前日21日のSGホールディングス戦に続き2試合連続1点差敗戦。初回、守備の乱れで献上した1点が重くのしかかった。岡村昌子監督は「ランナーが出ても決定打が出なかった。最後の詰めでもう一押しができなかった」と肩を落とした。0―1の3回、1死二、三塁のチャンスも谷本、亀井の1、2番が凡退。7回1死二塁も得点できなかった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年9月23日のニュース