体操谷川兄弟 翔「新エース」力強く誓った 世界選手権へ会見

[ 2019年9月23日 05:30 ]

イベントで、世界選手権への抱負を語る体操男子の谷川翔
Photo By 共同

 体操・世界選手権(10月4日開幕、シュツットガルト)の日本代表が22日、都内で会見し、谷川兄弟が活躍を誓った。弟で全日本選手権連覇の翔(かける、20=順大)は、ボードに体操ニッポンの「新エース」と力強く書き込んだ。内村航平(30=リンガーハット)が不在の大舞台に向け、「俺しかいないだろって感じです」と気合十分。

 兄の航(わたる、23=セントラルスポーツ)は体操ニッポンの「ロケット」と書き込み、「ロケットのような爆発力で金メダルという星に着地させてやろうと思っている」と意気込んだ。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年9月23日のニュース