エディーイングランド白星発進!日本でのW杯に喜び「特別な場所」

[ 2019年9月23日 05:30 ]

ラグビーW杯1次リーグC組   イングランド35-3トンガ ( 2019年9月22日    札幌ド )

<イングランド・トンガ>笑顔でグランドを後にするイングランドのエディー・ジョーンズHC(撮影・高橋茂夫)
Photo By スポニチ

 1次リーグC組の優勝候補の一角、イングランドがトンガを35―3で下し、好スタートを切った。前回大会で日本を躍進に導いたエディー・ジョーンズ監督が率い「本当にうれしい。(勝ち点)5点を取りにいって取ることができた。日本にとって歴史的なW杯。特別な場所に来ることができて光栄」と笑みを浮かべた。

 FW、BK陣が一体で機能した。パワー勝負のトンガに対し、堅いディフェンスでトライを許さず、攻撃では素早い展開力とファレル主将の精度の高いキックで試合を支配した。同主将は「いい勝ちだった」と満足げ。前回15年は開催国として初めて1次リーグ敗退を喫したが、エディー監督が再建したチームは“死の組”突破のみならず、2度目の優勝を狙う。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年9月23日のニュース