大坂が大阪で「1番スペシャルな優勝」全豪以来ツアー4勝 伊達に続いた日本人2人目

[ 2019年9月23日 05:30 ]

女子テニス 東レ・パンパシフィックオープン最終日 ( 2019年9月22日    大阪市ITC靫TC )

父フランソワ氏(後列左から2人目)母・環さん(同3人目)らと記念撮影を行う大坂(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 シングルス決勝で世界ランキング4位の大坂なおみ(21=日清食品)が、同41位のアナスタシア・パブリュチェンコワ(28=ロシア)に6―2、6―3で勝利し、1月の全豪オープン以来となるツアー4勝目を飾った。日本勢がこの大会で優勝するのは95年の伊達公子以来24年ぶり2人目。3歳まで育った故郷の大阪で、優勝賞金14万1500ドル(約1528万円)を獲得した。次戦は28日開幕の中国オープンに出場する予定だ。

 満員の約5000人の観衆からスタンディングオベーションで称えられた。ツアー4勝目を飾った大坂は漆器の優勝杯を手に「自分が生まれた大阪で勝つことができて格別。最近2カ月ぐらい調子が上がらない中、この街で良い結果を残せたことに運命を感じる」と破顔。スタンドに上がり、父・フランソワ氏と抱擁を交わした。

 準Vに終わった16、18年に続く3度目の決勝。パブリュチェンコワには唯一の対戦だった17年10月の香港オープン準々決勝で敗れていたが、今回は圧倒した。サーブ、ショットともに安定し、ブレークポイントを1度も握らせない快勝劇。コーチをジェンキンス氏から父・フランソワ氏に変えた直後の大会で最高のパフォーマンスを見せた。シーズン終了後に新コーチを選定する方針だが、今後の結果次第で来季も親子鷹を継続する案が浮上する可能性もある。

 1月の全豪後に世界ランキング1位を奪取。その後、女王らしい戦いを追求する余り、自分のテニスを見失った。全仏は3回戦、ウィンブルドン選手権は1回戦、全米は4回戦で敗退。4大大会で早期敗退が続き、初心に戻った。体力、技術に伴わないハイレベルなプレーを試みてミスが増えていたため、あえてスピードを落とすことを意識。日本協会の土橋登志久強化本部長は「彼女のレベルならペースダウンしても相手には脅威。許容範囲でプレーすることで大事な場面でのミスが減った」と分析した。

 会場の靱(うつぼ)公園は3歳まで大阪で育った大坂がテニスを始めた場所だ。過去の優勝はグランドスラム2回と4大大会の次に格式の高いプレミア・マンダトリー1回。今回が最も格下だが「この優勝が一番スペシャル。ずっと優勝したいと思っていた大会だから」と実感を込めた。大会後の世界ランキングは4位から変動しない見通しだが、故郷Vを再浮上への足掛かりにする。

 ▼パブリュチェンコワ (ドロップショットも大坂に返され)拾うだけでなく、それをウイナー(決定打)にしてきた。こちらは“何もできないじゃないか”となって、気をそがれた。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年9月23日のニュース