山県 右太腿違和感で予選欠場 全日本実業団対抗陸上200メートル予選

[ 2019年9月23日 05:30 ]

山県亮太
Photo By スポニチ

 大阪で開催されている全日本実業団対抗選手権で、約4カ月ぶりのレース出場を予定していた陸上男子短距離の山県亮太(27=セイコー)が22日、ウオーミングアップ中に右太腿裏に違和感を覚え、200メートル予選を欠場した。

 6月の日本選手権を気胸で欠場。世界選手権(27日開幕、ドーハ)出場を目指した1日の記録会も腰の違和感を理由に出場を見送っていた。今季はもうレースに出る予定はないという山県は「不本意なシーズンでした」と振り返り、「来年、同じような不本意な結果にならないようにしっかりやりたい」と先を見据えていた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年9月23日のニュース