【玉ノ井親方 視点】接近してきた力士の力 竜電、御嶽海らの来場所に注目

[ 2019年5月27日 09:07 ]

大相撲夏場所千秋楽 ( 2019年5月26日    両国国技館 )

優勝パレードで笑顔を見せる朝乃山=右(撮影・荻原 浩人)
Photo By スポニチ

 朝乃山の優勝が物語るように、幕内力士の力は接近してきた。横綱2人が30歳を越え、休場も多くなっている。今は誰が賜杯を手にしてもおかしくない状況だ。平幕の竜電も今場所は良かった。三役を破り2桁勝利を挙げた。新十両場所で股関節を骨折し一時は序ノ口まで番付を下げたが、そこから稽古を重ね幕内まではい上がってきた。左四つの形を持っていて投げも打てるし前に出る相撲も取れる。場所を重ねるごとに力をつけている。

 御嶽海は千秋楽の取組で朝乃山に馬力の違いを見せつけたが、取り口にムラがある。今場所は受け身の相撲が多かった。体重が少し増えすぎではないだろうか。以前に比べ動きが遅い印象だ。もっと体を絞れば攻めも早くなるはず。北勝富士もいい時と悪い時の波が大きい。朝乃山の優勝に刺激を受け、彼らが来場所どのような相撲を見せるのか注目したい。(元大関・栃東)

続きを表示

この記事のフォト

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年5月27日のニュース