豊田 男子400障害V、世界陸上参加標準記録を突破

[ 2019年5月27日 05:30 ]

陸上 関東学生対校選手権最終日 ( 2019年5月26日    相模原ギオンスタジアム )

関東学生陸上最終日男子400メートル障害 49秒25で優勝した豊田
Photo By 共同

 男子400メートル障害は豊田将樹(法大)が49秒25で制した。今秋の世界選手権(ドーハ)の参加標準記録を突破。同三段跳びは泉谷駿介(順大)が16メートル08で、110メートル障害に続いて優勝した。

 女子3000メートル障害は吉村玲美(大東大)が9分57秒46の大会新記録をマークし、1500メートルとの2冠を達成。同400メートル障害は小山佳奈(早大)が58秒07で3連覇を果たし、同200メートルは湯浅佳那子(日体大)が追い風参考の23秒65で、100メートルに続いて制した。

続きを表示

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年5月27日のニュース