貴景勝 初の個人後援会6.1発足「後援会のみなさんのために、これからも一生懸命、頑張ります」

[ 2019年5月27日 18:47 ]

新大関の貴景勝
Photo By スポニチ

 新大関・貴景勝(22=千賀ノ浦部屋)にとって自身初となる個人後援会が6月1日に発足することが27日、分かった。地元の兵庫県芦屋市商工会が中心で、同日から公式ホームページ「takakeisho.com」で会員の募集を開始する。貴景勝は「おかげさまで初めての後援会ができました。後援会のみなさんのために、これからも一生懸命、頑張ります」とコメントした。

 夏場所(東京・両国国技館)は不本意な成績に終わった。4日目にケガをして右膝内側内側じん帯損傷で3週間の加療を要するとの診断を受け5日目から休場。8日目に再出場したが再び9日目に休場した。現在、患部の治療に専念している22歳は「早く実戦的な稽古をできるように治療とリハビリに取り組みます」と名古屋場所を見据えた。

続きを表示

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年5月27日のニュース