大坂は1時間練習、4大大会初Vからの3連覇へ28日初戦

[ 2019年5月27日 05:30 ]

テニス 全仏オープン第1日 ( 2019年5月26日    パリ・ローランギャロス )

笑顔で自撮りをする大坂=右から2人目(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 女子シングルで第1シードの大坂なおみ(21=日清食品)は28日の1回戦で世界92位のアンナ・シュミエドロバ(24=スロバキア)と対戦する。今大会の結果で大坂を抜く可能性があるのは、Ka・プリスコバ、ベルテンス、ケルバー、クビトバの4人だったが、ケルバーは26日の初戦で敗退した。

 この日は会場の練習コートで約1時間の練習を行った大坂は「今の夢はローランギャロスで優勝すること」と話しており、史上初の快挙となるグランドスラム初優勝からの3連勝となれば、ウィンブルドンの第1シードも濃厚になる。

続きを表示

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年5月27日のニュース