野口 及ばず2位、まもなく30歳 東京五輪を集大成に

[ 2019年5月27日 05:30 ]

スポーツクライミング 複合ジャパンカップ最終日 ( 2019年5月26日    愛媛・石鎚クライミングパークSAIJO )

複合ジャパンカップ女子決勝 2位の野口のボルダリング
Photo By 共同

 女子で前回優勝の野口は全種目で3位以内と安定した登りを見せたが、野中には及ばず2位だった。「3種目とも悪くなかったけど、ボルダリングで1位を獲れなかったことと、リードで完登できなかったことが敗因」と振り返った。

 日本女子の第一人者は30日で30歳。「20代よりも、さらにいい30代にしたい」としつつ「東京五輪までしか競技は考えていない。(現役)最後の一日にしたい」と来夏の大舞台を集大成にする考えを示した。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年5月27日のニュース