深堀 好機決め切れずV逃す「今日は全てが駄目だった」

[ 2019年5月27日 05:30 ]

第7回マイナビシニア&レディースカップ最終日 ( 2019年5月26日    千葉県 藤ケ谷CC=男子6884ヤード、女子レギュラー6380ヤード、女子レジェンズ5829ヤード、いずれもパー72 )

マイナビシニア&レディースカップ最終日 18番、第2打を放つ深堀(撮影・沢田 明徳)
Photo By スポニチ

 首位で出た深堀は71と伸びきれず、惜しくも優勝を逃した。前半の10番で1メートルのバーディーチャンスを決め切れず、11番では2メートルのパーパットを外すなど前日からパットが一転。「今日は全てが駄目だった」とショットの切れも欠いて失速した。「コースをよく分かってきたら、物凄くストレスを感じてしまった。これが実力です。でも面白かった」と振り返った。

 今季からシニアに参戦し、台湾の富邦仰徳シニアで9位、そして今大会2位と調子も上向きになってきた。「みんなレベルが高い。いいゴルフをしないと結果はついてこない。今までは“お邪魔します”という感じでしたけど、これからは落ち着いてやれそうです」と話していた。

続きを表示

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年5月27日のニュース