錦織 ストレートで好発進 4大大会12連続の初戦突破

[ 2019年5月27日 05:30 ]

テニス 全仏オープン第1日 ( 2019年5月26日    パリ・ローランギャロス )

全仏オープン男子シングルス1回戦 第2セット、懸命にボールを追う錦織(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 男子シングルス1回戦で第7シードの錦織圭(29=日清食品)は初対戦の世界ランキング153位のカンタン・アリス(22=フランス)に6―2、6―3、6―4でストレート勝ちした。全仏は5年連続で2回戦に進出し、4大大会は12大会連続の初戦突破。2時間の快勝で、悲願のグランドスラム制覇へ好発進した。

 危なげなく格下を退けた。第1セットは第1、第3ゲームを連続ブレークして圧倒。流れに乗って第2セットも奪った。第3セットは先手を取られたものの、第6、8、10ゲームを3連続ブレークしてストレート勝ち。2時間で快勝し「相手のミスが早かったのもあるが自分のプレーが彼を焦らせた部分もある。この2カ月ぐらいのクレーコートの試合の中でも、凄く良かったので、自信になった」と笑顔を見せた。

 地元フランス出身の相手に大歓声が起きる完全アウェー。判定に不満を示すとブーイングを浴びるなど難しい環境の中、集中力を切らさなかった。1月の全豪では4回戦までの4試合中3試合でフルセットを戦い、準々決勝を途中棄権。序盤で消耗した3カ月前の教訓を生かしたが「ダブルフォールトは減らしたい」と6度あったサーブミスを反省するなど油断はない。悲願の4大大会制覇へスキは見せない。

続きを表示

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年5月27日のニュース