相撲協会 異例の「座布団投げ禁止令」処罰内容まで明記

[ 2019年5月27日 05:30 ]

大相撲夏場所千秋楽 ( 2019年5月26日    両国国技館 )

結びの一番が終わり、座布団よけに突然立ち上がった黒服警備担当者ら
Photo By スポニチ

 日本相撲協会が来場者全員に座布団投げ禁止を告知する「ご注意」と書かれた用紙を配布した。「場内で座布団等の物を投げるなどの行為を行った場合は退場の上、処罰されることがありますので、絶対にしないでください」と強調。このような紙が配布されるのは極めて異例で、処罰内容も「《刑法第208条暴行罪》 二年以下の懲役もしくは三十万円以下の罰金または拘留もしくは科料」などと明記。

続きを表示

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年5月27日のニュース