貴景勝 大関獲りへ白星発進、上位陣は鶴竜に土

[ 2019年3月10日 17:55 ]

大相撲春場所初日 ( 2019年3月10日    エディオンアリーナ大阪 )

<春場所初日>大関とりの貴景勝(左)は一気の押しで妙義龍を圧倒(撮影・長嶋 久樹)
Photo By スポニチ

 大相撲春場所初日は10日、大阪・エディオンアリーナ大阪で行われた。大関獲りが懸かる関脇・貴景勝は、押し出しで妙義龍に勝利した。1月の初場所で初優勝した関脇・玉鷲は錦木を押し出した。

 先場所に途中休場した横綱・白鵬は、新小結・北勝富士に突き落としで勝利。横綱・鶴竜は御嶽海に送り出しで敗れた。

 大関陣は、高安が魁聖を寄り切りで下し、豪栄道は遠藤を押し出した。栃ノ心は大栄翔を突き落とした。

 また、照ノ富士が史上初めて元大関として序二段の土俵に上がり、若野口をはたき込みで下して354日ぶりの白星を挙げた。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2019年3月10日のニュース