序ノ口優勝の序二段・狼雅「先輩の胸を借りて堂々と取りたい」 同郷の元大関・照ノ富士戦を希望

[ 2019年3月10日 12:17 ]

大相撲春場所初日 ( 2019年3月10日    エディオンアリーナ大阪 )

<大相撲春場所初日>5場所ぶりの本場所出場となった照ノ富士(撮影・長嶋 久樹)
Photo By スポニチ

 序二段の狼雅(19=二子山部屋)が若佐竹を破り白星発進した。

 元高校横綱で九州場所で鳴り物入りでデビュー。先場所は前評判通りの実力を発揮し、序ノ口優勝を飾った。「緊張しましたけど、いい感じで取れました。(場所前の)稽古も出来ていたので」と自信を持って土俵に上がっている。

 取組前の支度部屋では同郷の元大関・照ノ富士と会話。「先輩ですから」と話したが、今場所は序二段で対戦する可能性もあり「先輩の胸を借りて堂々と取りたいです」と意気込んでいた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2019年3月10日のニュース