川内優輝、世界陸上代表ならMGCは参戦せず「ドーハだけに全てを懸ける!」

[ 2019年3月10日 15:04 ]

びわ湖毎日マラソン ( 2019年3月10日    滋賀・皇子山陸上競技場発着 )

川内優輝
Photo By スポニチ

 4月にプロ転向する川内優輝(埼玉県庁)が、2時間9分21秒で日本人2番手の8位に入り、世界選手権(9月27日開幕、カタール・ドーハ)の代表入りに大きく前進した。

 30キロで集団から遅れたが、「ドーハ、ドーハ、ドーハ、ドーハ、ドーハと思いながら走った」と最後まで真骨頂の粘りを見せた。東京五輪代表選考会のグランドチャンピオンシップ(9月15日、MGC)の出場権も持っているが、世界選手権の代表に入った場合は世界選手権に全力を尽くす。「MGCに強い気持ちがある人がMGCに出ればいいし、世界選手権に強い気持ちがある人が世界選手権に出ればいい!選ばれれば、ドーハだけに全てを懸ける!プロランナーとして、力を見せたい」と闘志全開だった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2019年3月10日のニュース