大迫、中学生に金言「1年後に進歩しているかが大事」

[ 2019年3月10日 05:30 ]

陸上教室に参加した大迫(撮影・荻原 浩人)
Photo By スポニチ

 男子マラソン日本記録保持者の大迫傑が都内で行われた陸上教室にゲスト参加した。

 中学生に向け「練習を年間通して取り組めて、1年後に進歩しているかが大事」と熱のこもったメッセージを送った。幼児・児童のなりたい職業(第一生命調べ)の7位に陸上選手が急浮上したことにも触れ「リレーのメダルに始まり、設楽選手が日本記録を出したことなど陸上が盛り上がっている。自分も目標にされる選手になりたい」と話した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2019年3月10日のニュース