ロケッツのハーデンが48得点をマーク レイカーズ戦で延長の末に勝利 驚異的な得点量産ペース

[ 2019年1月20日 16:47 ]

レイカーズ戦で48得点をマークしたロケッツのハーデン(AP)
Photo By AP

 NBAは19日に各地で10試合を行い、ロケッツは地元ヒューストンでレイカーズを延長の末に138―134(前半46―64)で振り切って26勝19敗。最大21点差を追いついて試合をひっくり返した。

 ジェームズ・ハーデン(29)は42分出場してフィールドゴールを30本中14本(3点シュートは19本中8本)、フリースローは15本中12本成功させ、48得点をたたき出して勝利に貢献。40得点以上は今季16回目で、ここ13試合では10回目となった。30得点以上は19試合連続で1月の平均得点は44・0。驚異的なペースで得点を積み重ねている。

 レイカーズは前半で18点をリードしながら敗れて25勝22敗。カイル・クーズマ(23)が32得点を稼いだが、レブロン・ジェームズ(34)の故障離脱後は5勝8敗となった。

 西地区全体2位のナゲッツは地元デンバーでキャバリアーズに124―102(前半70―46)で勝って31勝14敗。センターのニコラ・ヨキッチ(23)が19得点、11リバウンド、12アシストで今季6回目のトリプルダブルを達成し、同首位ウォリアーズとのゲーム差を0・5とした。

 リーグ全体で最下位のキャバリアーズは3連敗で9勝38敗。ロード6連戦を1勝5敗で終えた。

 <その他の結果>

*ホーネッツ(21勝23敗)135―115サンズ(11勝35敗)

サンダー(27勝18敗)117―115*76ers(30勝17敗)

*ラプターズ(35勝13敗)119―90グリズリーズ(19勝27敗)

キングス(24勝22敗)103―101*ピストンズ(20勝25敗)

*ペイサーズ(30勝15敗)111―99マーベリクス(19勝27敗)

バックス(33勝12敗)118―108*マジック(19勝27敗)

ヒート(22勝22敗)117―103*ブルズ(10勝36敗)

セルティクス(28勝18敗)113―105*ホークス(14勝31敗)

 *はホームチーム

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年1月20日のニュース