2年ぶり天覧相撲 陛下は八角理事長に「与之吉さんは大丈夫ですか」と質問

[ 2019年1月20日 19:01 ]

大相撲初場所8日目 ( 2019年1月20日    両国国技館 )

<大相撲初場所8日目>観戦のため、東京・両国国技館を訪問された天皇、皇后両陛下(奥は八角理事長)(撮影・西海健太郎)
Photo By スポニチ

 天皇、皇后両陛下をお迎えしての2年ぶりの天覧相撲。説明役を務めた八角理事長(元横綱・北勝海)は「まず、“きょうは(招待してもらい)ありがとう“と(天皇)陛下に言っていただき、(皇后陛下から)お元気でしたか、と言われました。(緊張で)頭の中が真っ白になりました」と話した。

 八角理事長は質問に備えて力士のさまざまな資料を用意していたが、最初にあったのが幕内格行司の式守与之吉の状態を気遣う言葉だったという。与之吉はギランバレー症候群のため昨年初場所から5場所連続で休場。昨年の九州場所から復帰していた。「“与之吉さんは大丈夫ですか”と皇后陛下から(質問が)ありました。病気から復帰したことをよくご存じで“今復帰しております”とお答えしました」と緊張が解けない様子で振り返っていた。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年1月20日のニュース