張本もチョレイ2冠王者!最も信頼「木造さん」に抱擁&感謝

[ 2019年1月20日 05:30 ]

卓球全日本選手権第6日   木造・張本組3-2松山・高見組 ( 2019年1月19日    大阪市・丸善インテックアリーナ大坂 男子ダブルス決勝 )

<男子ダブルス決勝>フルセットの接戦を勝ち、パートナーの木造勇人に飛びつく張本智和(撮影・井垣 忠夫)
Photo By スポニチ

 張本も伊藤に負けじと2冠に王手をかけた。6度にも及ぶマッチポイントの末に栄冠をつかむと感情が爆発。「何回負けかけたか分からない。木造さんに助けてもらいました」と相棒と激しい抱擁を交わして健闘を称え合った。

 大会前の練習は4日間だけだったが、準決勝では前回優勝の水谷・大島組を1ゲームを落としただけで一蹴すると一気に頂点まで駆け上がった。

 中学2年からペアを組み、代表チームで張本が最も信頼する先輩が木造だという。木造も「張本から見習うことも多い。勉強させていただきます」とお互いに認め合う間柄だ。きょう20日はお互い勝ち上がれば決勝で対戦が実現する。張本は「“今日の友は明日の敵”。勝って優勝したい」と切り替えていた。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年1月20日のニュース