【大坂と一問一答】「ブリスベン国際の逆境が支えになった」

[ 2019年1月20日 05:30 ]

テニス全豪オープン第6日 女子シングルス3回戦   大坂2―1謝淑薇 ( 2019年1月19日    オーストラリア・メルボルンパーク )

4回戦進出を決めた大坂
Photo By 共同

 女子シングルス3回戦で第4シードの大坂なおみ(21=日清食品)は第28シードの謝淑薇(シャシュクビ、33=台湾)に5―7、6―4、6―1で逆転勝利を収めた。昨季は第1セットを落とした試合を2勝20敗と苦手としていたが、精神面の成長を感じさせた。4回戦ではアナスタシヤ・セバストワ(28=ラトビア)と対戦する。

 【大坂に聞く】

 ――相手のプレーに苦しめられた。

 「本当に素晴らしいプレーをされ、圧倒されてしまった。今までなら途中で負けを受け入れていたが、ブリスベン国際で逆転した試合が支えになった。最後までファイトできて自信になる」

 ――どう切り替えた。

 「グランドスラムで悲しんでいる場合ではない。自分の力を出し切らないといけないと言い聞かせた。どうなろうと、まずは1つブレークすることだけに集中した」

 ――前回と同じ4回戦に進出したが、緊張はしているか。

 「1回戦は緊張していたけど、今はいい感じでプレーができている。多くの観客がいる中でのプレーを楽しめている」

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年1月20日のニュース