ゴンザガ大が9連勝 八村塁はチーム最多の17得点と9リバウンドをマーク 渡辺飛勇は8得点

[ 2019年1月20日 14:24 ]

八村塁(AP)
Photo By スポニチ

 全米大学男子バスケットボールでAP5位にランクされているゴンザガ大は19日、敵地ポートランド(オレゴン州)でポートランド大を89―66(前半41―26)で退けて18勝2敗。所属のウエストコースト・カンファレンス(WCC)では5戦全勝とした。

 八村塁(3年)は36分出場してフィールドゴール(FG)を13本中8本成功させ、ともにチーム最多となる17得点と9リバウンドをマーク。チームはポートランド大のゾーン・ディフェンスを攻めあぐんだが、それでも9連勝を飾ってWCC内では全勝を維持した。

 NBAトレイルブレイザーズの元ガードで球宴に2回選出されているテリー・ポーター監督(55)が率いるポートランド大は7勝13敗。ハワイ出身のフォワード、渡辺飛勇(1年=米国名ヒュー・ホグランド)は23分出場して8得点とチーム最多の6リバウンドを記録したが、チームは6連敗となった。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年1月20日のニュース