トヨタ自動車がV ホワイト監督「大きな意義のある勝利」とメンバー称賛

[ 2019年1月20日 05:30 ]

ラグビートップリーグ杯最終日 決勝   トヨタ自動車43-34サントリー ( 2019年1月19日    東京・秩父宮ラグビー場ほか )

優勝し、歓喜のトヨタ・フィフティーン(撮影・吉田 剛)
Photo By スポニチ

 日本代表候補らを除き、外国人も含めてベストメンバーを組んで、トヨタ自動車が地力を証明。ジェイク・ホワイト監督は「大きな意義のある勝利」とメンバーを称えた。

 リーグ戦では、新人を積極的に起用しながら4位。この日はCTBイェーツやFBアプロンらベテランが試合をリードし、WTB岡田ら新人もはつらつとプレーした。後半32分に勝利を引き寄せるトライを挙げたアプロンも「自分の役目は若手に知識を与えること」と若手の成長に目を細めた。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年1月20日のニュース