今平 伸ばすも33位、出入り激しく「まだ力足らない」

[ 2019年1月15日 05:30 ]

米男子ゴルフツアー ソニー・オープン最終日 ( 2019年1月13日    ハワイ州ワイアラエCC=7015ヤード、パー70 )

ソニー・オープン最終ラウンド、11番でティーショットを放つ今平。通算8アンダーで33位
Photo By 共同

 日本ツアー賞金王の今平周吾(26=フリー)は6バーディー、3ボギー、1ダブルボギーの69で回り、通算8アンダーの272で33位だった。18位から出て上位を目指した松山英樹(26=LEXUS)は2バーディー、5ボギーの73で通算6アンダーの51位。マット・クーチャー(40=米国)が66と伸ばし、通算22アンダーで今季2勝目、ツアー通算9勝目を挙げた。

 今平は1Wの精度が悪く6バーディーは奪ったものの、3ボギー、1ダブルボギー。「米ツアーでやるにはまだ力が足らない」と自らに厳しかった。大会前にマスターズに特別招待選手として初出場することが発表されたが、4月までに自力出場圏の世界ランキング50位以内に入ることが目標。「もっとショットの精度を上げて、次は4日間頑張りたい」と意欲を見せた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2019年1月15日のニュース