アメフトの全米大学王者にファストフードでおもてなし トランプ大統領が自腹を切って歓待

[ 2019年1月15日 17:10 ]

クレムゾン大の選手たちにふるまわれたファストフード(AP)
Photo By AP

 トランプ米大統領は14日、今季の全米大学フットボールで無敗のまま王者となったクレムゾン大(サウス・カロライナ州=15戦全勝)のメンバーとスタッフをホワイトハウスに招いたが、歓待の意をこめてふるまった“食事”が注目を集めた。

 AP通信によれば、ホワイトハウス内で差し出されたのはハンバーガーやピザ、フライドポテトといったファストフード。政府機関の一部閉鎖の影響で自宅待機を強いられているホワイトハウス職員が多く、食事を用意することができなかったために大統領自身が自腹を切ってマクドナルドやウェンディーズのハンバーガー、さらにドミノ・ピザのピザを買い求めた。

 トランプ大統領は「ハンバーガーやピザはすべてアメリカのファストフードだ。僕も君らも好物だ」と語り、ハンバーガーは1000個用意したと語った。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2019年1月15日のニュース