白鵬、土俵際くるり 冷や汗連勝「しぶといというか…」

[ 2019年1月15日 05:30 ]

大相撲初場所2日目   ○白鵬-栃煌山● ( 2019年1月14日    両国国技館 )

栃煌山(右)を突き落としで破る白鵬(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 絶体絶命の状況から白鵬が白星をつかんだ。

 栃煌山の出し投げに体が泳ぎ、背中を見せてピンチとなったが土俵際で体を回転させると勢い余った相手が土俵下に転落。「ヒヤッとしました。(出し投げが)くると思ったから残せたのでは」と汗を拭った。

 3横綱では唯一の連勝。執念での勝利に「しぶといというか、100メートル走で僅差で勝ったみたいだね」と笑った。稀勢の里については「流れは良かったのでは」と多くは語らなかった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2019年1月15日のニュース