張本 妹・美和にエール「抜かれて悔しいが凄いな」 自身は混合ダブルスで8強

[ 2019年1月15日 19:59 ]

全日本卓球選手権第2日 ( 2019年1月15日    大阪市・丸善インテックアリーナ大阪 )

混合ダブルスの4回戦を突破した張本(左)、長崎組
Photo By 共同

 張本智和(15=JOCエリートアカデミー)は混合ダブルスで8強入りを決めた。

 長崎美柚(JOCエリートアカデミー)とのコンビでシードの及川・安藤組(専大)を3―1で撃破。試合後、報道陣に一般の部で1勝した妹・美和について「自分は4年の時はジュニアで3勝したが、なにかそわそわしていた」と当時を振り返る。自身が6年の時に1勝したが、4年の妹に抜かれてことに「抜かれて悔しいが凄いなと思う。いけるところまでいってほしい」とエールを送っていた。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2019年1月15日のニュース