大坂なおみ ストレート快勝で初戦突破!世界80位を圧倒、4大大会連覇へ好発進

[ 2019年1月15日 20:39 ]

ポイントを奪い、笑顔の大坂なおみ(AP)
Photo By AP

 テニスの全豪オープン第2日が15日、メルボルンで行われ、女子シングルス1回戦で、第4シードの大坂なおみ(21=日清食品)は世界80位のマグダ・リネッテ(26=ポーランド)と対戦。6―4、6―2でストレート勝ちし、昨年の全米に続く4大大会連覇へ好発進した。

 昨年8月のシティ・オープン2回戦で敗れたリネッテを相手に、第1セット、大坂は第3ゲームで先にブレークに成功したが、直後の第4ゲームでブレークバックを許す。それでもすぐに気持ちを切り替えて第5ゲームをラブゲームでブレークして主導権を握ると、6―4でこのセットを先取した。

 第2セットも勢いは衰えず、相手のミスもあって第3ゲーム、第7ゲームをブレーク。そのまま押し切ってわずか58分で勝利を決め、格の違いを見せつけた。これで全豪は4年連続の2回戦進出と。2回戦は世界78位のタマラ・ジダンセク(21=スロベニア)と対戦する。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2019年1月15日のニュース