日本男子団体6位 世界ジュニア選手権ジャンプ

[ 2013年1月28日 06:00 ]

 ノルディックスキーの世界ジュニア選手権は26日にチェコ・リベレツで行われ、ジャンプ男子の団体(HS100メートル、K点90メートル)で西方慎護、佐藤幸椰(ともに北海道・札幌日大高)渡辺知也(北海道・下川商高)清水礼留飛(雪印メグミルク)の日本は965・0点で6位だった。

 1回目を7位で終えた日本は2回目に佐藤が101・5メートル、清水が106メートルの大ジャンプを決めて順位を1つあげた。個人を制したヤカ・フバラを擁するスロベニアが1086・5点で優勝した。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2013年1月28日のニュース