A・マリー痛恨 ブレークチャンス決めきれず流れ手放す

[ 2013年1月28日 06:00 ]

男子シングルス決勝で、試合中に天を仰ぐA・マリー

全豪オープンテニス最終日

(1月27日 オーストラリア・メルボルンパーク)
 A・マリーは昨年の全米決勝で競り勝ったジョコビッチにリベンジを許し、4大大会2連勝はならなかった。

 第1セットを先取したが、続く3セットを奪われて逆転負け。痛かったのが第2セットの第2ゲーム。一気に攻めて0―40とブレークチャンスを握ったが、決め切れずに流れを手放した。「勝つのがどれだけ難しいかは分かっている」と予想した一戦で、3時間40分の打ち合いの末に屈した。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2013年1月28日のニュース