羽賀 自己新連発!500メートルは日本歴代5位タイム

[ 2013年1月28日 06:00 ]

男子500メートルで1位となり笑顔の加藤(右)と2位の羽賀(左)
Photo By スポニチ

スピードスケート 世界スプリント選手権第1日

(1月26日 米ソルトレークシティー)
 男子の羽賀が2種目とも自己ベストを更新した。特に500メートルは日本歴代5位の好タイム。主要国際大会では初めてという表彰台に立ち「スタートからいい感覚で滑れた。満足している」と表情を緩めた。

 米国入りしてから、重心が極端に左に偏っていることに気付いたそうで、片足立ちなどのエクササイズに集中的に取り組んで修正した。すぐに結果につなげたスプリンターは、目標とする総合での1桁順位も視界にとらえ「一レース一レース頑張りたい」と言葉に力を込めた。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2013年1月28日のニュース