高見盛アラカルト “ロボコップ”の全てが分かる

[ 2013年1月28日 06:00 ]

取組前、気合注入のパフォーマンスで館内を沸かした高見盛

大相撲初場所千秋楽

(1月27日 両国国技館)
 【高見盛という男】

 ★相撲との出合い 小学校4年のときに先生から「相撲部に入らないと給食を食べさせないぞ」と言われ、強制的に始めた。

 ★しこ名 当時の師匠の東関親方(元関脇・高見山)が「部屋が盛んになるように」と命名。東関部屋を後援していた酒造会社の日本盛にもちなんでいる。

 ★ニックネーム ロボコップ、加トちゃん。ロボコップは曙が命名。

 ★ライバル 中学(横綱)時代は青森では古川(若の里)、山内(武州山)らとしのぎを削った。日大ではアマ横綱になり、田宮(琴光喜)高浜(浜錦)らと三羽ガラスと呼ばれた。

 ★CM 懸賞を提供する食品会社「永谷園」が人気に注目し、CM契約。相撲に関心のないファンからも「お茶づけの人」などと知名度アップ。他にもアサヒビール、ANAなどにも出演。

 ★懸賞金 永谷園が多い日には1日5本を提供。02年から11年まで獲得本数は2228本。朝青龍、白鵬には及ばないが、大関級の本数。

 ★対戦相手は当日に確認 本場所では前の日に翌日の相手は発表されるが、緊張して眠れなくなるため、当日まで耳に入れない。しかし、事情を知らない記者が「明日は◇◇戦ですが…」と問いかけたことがあり、その時は「◇★※※!!」と大パニックに。

 ★ゲン担ぎ 角界でも屈指のゲン担ぎ男。場所入りは同じ経路、取組後に立ち寄る館内の自動販売機で飲むドリンクまで一緒というこだわり。

 ★金星 03年名古屋場所、5日目に武蔵丸を撃破し初金星。8日目には稽古場で痛めつけられている朝青龍からも勝利。興奮のあまり、ヒーローインタビューは絶叫。

 ★窓ガラス破壊 07年8月の山形県酒田市巡業。猛暑のため、稽古後に軽い熱中症となり、バランスを崩して窓ガラスに頭から突っ込んだ。大きな音とともにクモの巣状のひび割れができ、「頭がふらっとなって…」としょんぼり。

 ★女性侵入阻止 07年秋場所11日目、豪風―豪栄道戦の取組中に中年女性が土俵に上がりかけるハプニング。土俵下の控えにいた高見盛は錦戸親方とともに、侵入を阻止。

 ★土俵破壊 08年九州場所10日目。鶴竜戦で勢い余って土俵下に転落した際に、土俵が幅30センチほど崩れ落ちるアクシデント。「クラッシャー!」と冷やかされ「悪くはない呼び名だ」と満足顔。

 ★原始人? 自宅はガスを引かず小さな冷蔵庫のみ。必要最小限のもの以外は置かない超質素な生活を送っている。

 ★弱点は背中 ファンに体などを触られるのを極端に嫌う。特に背中を叩かれたり触られると異常反応を起こす。本紙相撲担当も背中を触ってキレられた。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2013年1月28日のニュース