“同期”元琴光喜「よく頑張った」

[ 2013年1月28日 06:00 ]

大相撲初場所千秋楽

(1月27日 両国国技館)
 高見盛の日大時代の同期で、ともに99年春場所に初土俵を踏んだ元大関・琴光喜の田宮啓司氏(36)が27日、名古屋市内で経営する飲食店で取材に応じ「本人も満足しているのではないか。よく頑張ったと思う」とねぎらった。

 対戦の思い出として「新十両の時に相手が幕下でぶざまな負け方をした」ことを挙げ、今場所の取組結果は毎日気にしていたという。大学時代は同級生が集まって誕生日を祝い合う仲。昨年の名古屋場所では春日山親方(元幕内・浜錦)らを加えた日大同期生で酒を酌み交わし「たわいもない話をした」と感慨深げに振り返った。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2013年1月28日のニュース