スミス、初の2季連続MVP!トライ王は山田が初の獲得

[ 2013年1月28日 18:11 ]

 ラグビー・トップリーグの年間表彰式が28日、東京都内で開かれ、最優秀選手(MVP)には2連覇したサントリーのフランカー、ジョージ・スミスが選ばれ、初の2季連続MVPとなった。スミスは「光栄なこと。素晴らしいチームでプレーできて幸せに思う」と喜びを語った。

 帝京大出のプロップ、吉田康平(トヨタ自動車)が新人賞で、トライ王はシーズン最多更新の20トライを挙げたWTB山田章仁(パナソニック)が初めて獲得した。得点王とベストキッカーには1トライと40ゴール、25PGを決めたFB五郎丸歩(ヤマハ発動機)が2季連続で輝いた。

 初の通算100トライを達成したWTB小野沢宏時(サントリー)らに特別賞が贈られた。

 ベストフィフティーンは次の通り。

 FW 安江祥光(神戸製鋼)青木佑輔、畠山健介、真壁伸弥、スミス(以上サントリー)大野均、マイケル・リーチ(以上東芝)、菊谷崇(トヨタ自動車)▽HB 日和佐篤、小野晃征(以上サントリー)▽TB 山田、小野沢、ジャック・フーリー(神戸製鋼)マレ・サウ(ヤマハ発動機)▽FB 五郎丸

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2013年1月28日のニュース