織田がSP首位 4回転―3回転の連続ジャンプに成功

[ 2013年1月28日 06:00 ]

成年男子SPの演技を終え、感極まった表情の織田

 国民体育大会冬季大会スケート、アイスホッケー競技会第2日は27日、東京・国立代々木競技場などで競技を開始し、フィギュアの成年男子ショートプログラム(SP)はバンクーバー冬季五輪代表の織田信成(大阪・関大大学院)が4回転―3回転の連続ジャンプに成功して92・29点で首位に立った。

 スピードスケート・ショートトラック成年の500メートルと1000メートルで、昨季W杯1000メートルで総合優勝した女子の酒井裕唯(岐阜・岐阜県体協)と男子の坂爪亮介(和歌山・タカショー)が勝った。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2013年1月28日のニュース